前へ
次へ

弁護士になるための壁

弁護士の資格を取得するには様々な壁があります。まず、大学へ進学し学士を取ります。その後、法科大学院へ進学して法務博士号を取得すると司法試験の受験資格を得ることが出来ます。弁護士になるには司法試験の合格が必須ですが、5年間で3回しか受験することが出来ないとルールがあります。合格率も低いことから、非常に難関試験であることがわかります。司法試験に合格すると司法修習所へ通います。ここでは実務を通じて様々な研修を受けることになり、最後に卒業試験に合格すると晴れて弁護士の資格を取得することが出来るのです。勉強も大変ですが、同時に多額のお金が必要になります。学力や精神力も必要ですが、金銭的なことについても十分に検討することがとても大切です。

Page Top