前へ
次へ

弁護士になる為の勉強

弁護士になるのは非常に大変です。大学の法学部の試験は一般的に難しいとされますが、それでも法律を学ぶ上では基礎的なことが大半です。その上、弁護士になるには法科大学院に行き、司法試験に受からなければなりません。このように弁護士になるのは非常に難関なので大学生の時から、大学に通いながら予備校などでも勉強をするダブルスクールが一般的です。大学一年生の段階でダブルスクールを行うのも珍しくありません。多大な勉強時間を費やさないと合格することは困難です。多大な勉強時間を使わなければならないからこそ間違った勉強方法をしてはいけません。無駄になる時間がより多くなってしまうからです。独学での勉強が悪いわけではありませんが、失敗した時のリスクを考慮すると予備校などでの勉強がおすすめです。

Page Top